チラシの裏

カップラーメンは、お湯でもどさずに食べるのが好きです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無用にっき完走!

しました!


何らかの形でゆめにっきのプレイ動画って上げてみたかったんですよね。
それがなんで偽実況になったかといいいますと。

最初、刀剣乱舞ゲーム中で御手杵の台詞を聞いたとき、
なんかゆめにっき実況を聞いてるような気分になったんですよね。
特に、資材拾った台詞あたりが。
じゃあ、御手杵がゆめにっきやる動画作ろう、と。
キャラ実況で一人喋り続けるのは、台詞を考えるうえでしんどいから、
じゃあもう一人は誰にするかと考えたときに、
同田貫がゆめにっき初心者的な反応をしてくれそうだと思ったからなんですが、
回が進むごとにゆめにっき初心者感は薄れていきましたね。

ただ、杵は、今となっては
 ・攻撃は刺すだけ
 ・割と地味
 ・茶髪
 ・雨を降らせたり雪を降らせたりする
 ・定期的に変な夢を見る
 ・三角コーンには逆らえない
 ・火事で溶ける(後述)
とかいうあたりが、ゆめにっかーというより窓ちゃんに近い気がします。

初見プレイという設定の動画ですが、
実用的なエフェクトを先に取って、かなり効率的な回り方をしてます。
何も見つからずにひたすらうろうろする間に
喋らせることが思いつかなそうだったので。
ゆめにっき初見プレイにありがちな、
「扉発見!→入ってきたところでした」がないのはちょっと残念。

主のセーブデータのハートの数に、コメントで多数ツッコミを頂いてましたが、
このハートがやたら多いセーブデータの個人資産は現在5万7700円です。
個人資産

暇だけど実のあることをやる気力がないときにひたすら刺してます。
このたびは動画のネタのために貯金を切り崩してジュース飲みまくりました。

以下、各回についていらんことをだらだら書きます。

【第1回】
この回は、まだ「初見プレイっぽさ」を目指した動きをしてますね。
何かあるポイントに直行するのをちょっとは自重してる。

まず数字世界に入ったのは、私自身が初見時に一番気になった扉だからです。
だってSFっぽくて面白そうじゃないですか。
ただ、無用組がSFとか思うわけないし、
数字世界を選んだ理由を考えるのにちょっと苦労しました。
「なんでこの行動を取ったか」を真面目に考えだしたら、
ドツボにはまって謎発言が出て来たり、逆に無言時間を埋めるネタになったり、
偽実況の台詞を考えるうえで意外と重要なことなのかもしれません。

いまつるさんが一輪車で池にはまった経緯について。
いまつるさんは義経公の真似をしてよく橋の欄干にのぼるんです。
一輪車に乗ってるときでもいつも通り欄干にのぼって、
それでうっかり池に落ちたんです。
平地だと余裕で漕げます。

【第2回】
歌う狸は、第10回の杵と同様、UTAU使ってます。
ゆっくりさんで歌に必要な台詞をしゃべらせて連続音にしてあります。
配布されてるUTAU音源の中にはゆっくり由来の音源もいて、
御手杵担当ゆっくり≒デフォ助/同田貫担当ゆっくり≒デフォ太
じゃないかと思うんですけど、(違ったらゴメンナサイ)
ゆっくりで出力した音を切り貼りするのと、配布音源使うのとでは
結構声が違うものですね。

ネオン世界を抜けた先の通路の周りで血が垂れてるのは
上の方で人が縛られてるから、というのは、
実は私が初見時に思ったことなんです。
そのあとで、何人も捕まえて縛り上げる様子をリアルに想像したくだりは
台詞を考えたときの付け足しです。

陸奥守が大砲を装備したがる話からの自陣で爆発する話は、
コメントで言われてた通り、戦艦陸奥を意識してます。
刀剣乱舞ゲーム中で、「大砲とか装備できんかのう」とか言われたら
「第3砲塔が爆発するからやめて!」といつも思ってます。

【第3回】
戦闘狂の2人ですが、それぞれ戦わなきゃいけない理由として、
狸は「武器だから」、杵は「槍だから」って言ってることが多いと思うんです。
そんなイメージから、包丁拾った時の反応がああなりました。
狸の「武器として使えそうだから武器説」と、
杵の「武器として作られたものじゃないから武器じゃない説」。
真っ暗でほとんど何もないマップにNPCを殺せる包丁がひっそり落ちてるのは
なんかヤバげなものを感じるのですごく好きです。

FCボス部屋のハッスルっぷりは、
最初は喋らすネタがなかったから仕方なくだったんですが、
まあ、剣っぽいの持ってますし、やっぱり戦士なんだと思います。
壁の上部がデコボコしてるのとか、三角帽子被ってるのとか、
そういったあたりからして、
ドラクエとかFFとかゼルダとか、昔のヨーロッパっぽい世界観のゲームを
窓ちゃんはプレイしてたことがあるのかなと思ったり思わなかったり。
コメントのスーパー4文字タイム、お見事ですww

加州は、日ごろからいろんなファッションを試してると思います。
いろいろ試した結果、今の恰好に落ち着いてるんだと思います。
もし髪を染めた状態を本人が気に入ったなら
そのままパツキン加州になってたのかもしれない。

【第4回】
ゆきおんな&かさ入手。まさに御手杵の逸話です。
マイリスコメに書いたとおり、むり~んと傘が壊れたのは私の実話です。
割と頻繁に壊します。回さなきゃ気が済まないのでつい回してしまうんです。
壊れてた傘が飛んで行って川に落ちて回収できなくなったりするので嫌です。

574コメ様の「包丁・猫・信号=3大巨頭エフェクト」という言い方、
すごく便利でめちゃくちゃ使わせていただいてます。
ありがとうございます。

ポニ子ハウスの窓から外を見た景色が浅瀬マップと全然違うのは、
編集してて初めて気がつきました。
何をしゃべらすか考えあぐねてゲーム画面をにらんでたら、
いろんな事に気づけて面白かったです。
もしかしたらあれは窓じゃなくて窓っぽい絵柄のポスターなのかも。

目玉の世界に生えてるでっかい顔は、高校時代の英語の先生に似てます。
T先生、お元気ですか。

無言でお菓子と蟻を片づけるCCP憐れ。
短刀たちは、人型になって初めてお菓子とか食べたので、
散らかしたままにしといたら蟻が集まるという発想がなかったんだと思います。

【第5回】
蝋燭の世界のベッド。
コメントで言われてた通り、
UNKヘアーをまだとってない状態だと必ず入れます。
ベッドから入る→火星方面に行かずにエレベーター乗っちゃう→戻れない
は、ゆめにっき初見プレイあるあるだと思います。

「デパ地下=ゾンビ厚生施設」説も、
広いマップを移動するあいだの話のネタがなくて無理やりひねり出した話です。
でも、笛が取れる場所が病院っぽいし、
何か治さないといけない疾患を抱えた人たちではある気はします。

狸の四角アレルギーは、私が若干そんな感じだからです。
杵は迷っても気にしなさそうだし。
ブロック世界とか、マップを覚えるまでは地獄でした。
ヤマブキジムは、右手法の応用みたいな感じで動けばそのうちどこかに着くので
今は心穏やかに周回できます。
やまぶき
※ワープポイントが輪になって並んでると見なし、
自分がいるところの右隣に必ず入るようにすればいずれすべて回れる。
ゆめにっき派生ゲームだと、たまに無限ループがあったりするから怖い。


左文3兄弟は、それぞれ適当に服を選んだらなぜか被った、とかだったら
かわいいと思います。

【第6回】
桟橋の世界をずっと観光地呼びしてるのは、
私が初見時に、尾瀬の木道っぽいと思ったからです。
尾瀬は、近代までずっと、「ただの草が生えた沼地」だったのが、
鉄道網が整備されて都会から観光旅行に来られるようになってから
散策できる木道が作られて、観光地として整備されたんだそうです。
だから観光地呼びです。
あと、最近、各地の刀剣が観光資源化してるのもあって、
刀剣男士一同、観光というものに興味が出てきたんじゃないかと思います。

海外流出してた説のある青江、
多分読み書きぐらいなら英語とかできる気がする。
GHQに持ってかれたりした同田貫は、
逆に読み書きはできなくてもちょっとだけ英語喋れる気がする。
なんとなく。
どっちにしろ、覆面レスラーの数字字幕は読めないと思います。

【第7回】
火星回です。

火が燃えてるところ、実は、
雪の世界で元から降ってる雪+帽子とマフラーで雪だるまになってから
ここまで這ってきたら、溶けるんですよね。
杵のSAN値がマッハになりそうなので、
そのイベントは動画中では見てないですが、
溶けて、最後は帽子とマフラーと水たまりだけになります。
(そのあとテンキー1で復活できます)
動画でやるべきかなと悩んだんですが、結局やらなかったです。
まあ、初見プレイで気づくわけがないイベントだし、
最終回の審神者ヒントで見に行くにしても
雪だるま状態で歩き回るの大変ですしねww

UNKヘアーのところでは、鯰尾ネタを出さざるを得なかった。
だってUNKヘアーですもん。
敵の馬は、骨だけで肉がないんじゃないかと思ってます。
「敵の馬ってUNKするのか?」というのはそういったあたりから。

センチメンタル小室マイケル坂本ダダ先生弾幕、これもまたお見事ですww

【第8回】
NASU神回。
普通のNASUとボーNASUを一緒に取ると
1000点+ボーNASUの300点+普通のNASUの10点が入る、というのに成功したため、
調子に乗っても許されます。
これ以降、NASUの成績がパッとしなかったのは、まあ、そこはそれ。

食用の鯉は、
人によって好みが分かれる系のおいしさだと聞いたことがあるんですが、
私は食べたことないので完全に憶測で台詞作ってます。
錦鯉と食用の鯉って味が違ったりするんだろうか。
歌仙さんは、「錦鯉は観賞用だから食べるな」とか言う割には、
非常時には率先して捌いて食いそう。

【第9回】
暗いマップで、電燈使わずにガンガン進んでますが、
このマップは画面の上の方から見ればうっすら見えるので、
ガンガン進むことができるんです。
狸が打刀になったとか関係ないです。
普通に座って画面を見てると仮定して、
むしろ、杵のほうが背が高い分このマップはよく見えてるはず。
実際にプレイしてた私は、にゅぅっと伸び上ってました。

タオルはどう見てもまんばですね。
でも、むかし刀剣乱舞ミリしらやったときは、ビニール袋とか書いてたな。
ドイツの駆逐艦がいっぱいいる。ブドウと鉄道会社が謎。


△ずきん取れる場所も四角アレルギーマップです。
ここも慣れるまではつらかった。

【第10回】
ED回だけど最終回ではないです。
マイリスコメにも書きましたが、
ゆめにっきのエンディングは、夢の中で見れるいろんな物と同じで、
「見といたら興味深いイベント」のひとつだと思ってるので、
最終回より前に済ませたかったんです。
無用組だと「しんみりしてシリーズ終了」みたいなのは
合わない気もしますしね。

EDの解釈はいろんな人がいろんな場所で書いてますが、

魔女イベントで落ちても死ななかったので、
夢と現実を混同した窓付きが、今度も死なないと思って飛んだ

という説が救いがなくて好きです。
生きてるのがつらくて自殺したのとはまた違う悲惨さがあります。

私個人の考えでは、
ゲームタイトルが「ゆめにっき」ということは
プレイヤーにはたまにはセーブする義務があり、
どんな状況にでもセーブしたところからやり直す権利があるんじゃないかと
なんとな~く思ってます。
なので、窓ちゃんは、
死んでもセーブしたところからやり直せる存在なのかなぁ、と。
飛び降りられるベランダと、セーブできる机が至近距離なのも、
「死んでもロードしてやり直せる」ってことなのかなぁ、と。
だからって、包丁の付喪神かどうかは分からないですけどww

【最終回】
シリーズの動画数が11個です。
扉部屋の扉の数に1個足りません。
くやしい。

タコだしマシン鶯丸が最大火力を発揮してくれました。
鶯丸を近侍にすればタコ風船が出ることが判明した経緯は前の記事にて。
鶴丸がオッサン呼ばわりされてるのは、自作モデルの配布動画が元ネタ。


長谷部は、真剣必殺のあの顔で走り回ってる印象があります。
ちょうこわい。

仕事が終わるのが遅くて、
夜中の12時ごろに路上を歩いてることがままあるのですが、
そんなときに自販機のジュースを買って飲みながら歩いてます。
私が自販機厨になったきっかけは、
ゆめにっき派生ゲームの「ゆめ2っき」ですね。
あのゲームの自販機はすごいですよ。
かなりたくさん設置してあるうえに、
出てくる商品のバリエーションも豊富で、
もう買わざるを得なくなってしまいます。
そのせいで、リアルでも割とよく自販機でジュース買うようになりました。
ダイドーのミルクセーキが好きです。

スポンサーサイト

2015年3月28日のハイライト

です。



ホーホケキョ来ました。あ、刀剣乱舞始めてました。




何が「この調子で」なのか。

これまで、本家ゆめにっきでたこ風船出したことなかったんですよ。
白黒世界をうろうろしてると30分に1回の確率で出てくるというレアキャラです。
ゆめにっきハザードでは、タコ出しマシンがあるので結構頻繁に見れるのですが、
改造パッチを当てない状態の本家ゆめにっきだとすごくレアなんです。
1時間ぐらいさまよったこともありますが、その時は来ませんでした。

探してたレアキャラを出したら、
その流れでタコも出るんじゃないかという、しょうもないオカルトです。




タコ捜索開始から約25分後。
来ました。
うろうろするのに飽きてデーブを愛でていたら来ました。
慌ててスクショしたので、窓ちゃんにタコがかぶって見えないです。




発狂している。
だって発狂しますよ。
たこ風船ですよたこ風船。




なぜかデーブと鶯丸に感謝しはじめる。
少なくともデーブは関係ないと思う。

実は、「探してたレアキャラを出したらその流れでタコも出る」理論で、
艦これのビスまる子ちゃんと武蔵さんが出たときも
たこ風船チャレンジしたんですが、その時は出ませんでした。

こないだ武蔵(本物)を見つけた船がオクトパス号というそうですが、
それと何か関係あったりしますかね。

とりあえず、タコがめでたいので、白黒世界の人々配布動画でも貼っとく。
(露骨な宣伝)

でんちっち

うpしました。


昔よくテレビでやってたな~と思って「富士通でんちっち」でぐぐってみたのですが、
動画として上がってるのはトレス元のこの動画↓だけみたいです。


結構インパクトのある歌と踊りだし、もっといろんな人が動画上げてたり、
あわよくば富士通の公式サイトに動画が置いてあったりするかなと思ったけど
世の中そんなに甘くなかったです。
やっぱり、テレビ番組を録画して何年も保存しておくときは
CMはカットしてしまう人が大半なんでしょうか。
動画じゃなくて文章で「昔こんなのあったよね」的なことを書いてるのは
ちょいちょい見つけました。

動画説明文にも書いたように、放送当時から
このCMが流れたら一緒に歌いたい衝動に駆られてました。
というか、歌ってました。夜だったら近所迷惑だと親に怒られてました。
無駄なオペラ声が面白かったんですかね。
「富士通でんちっち」以外の歌詞は、最初の「強くて長もち」しか覚えてなかったんですが、
この「強くて長もち」は商品の一押しポイントであるらしく、
富士通乾電池の別のCM↓でも、長もちであることとパワフルであることをアピールしてました。


一押しポイントを主張する部分の歌詞が視聴者の印象に残るのって
CMソングとしてよく出来てるんだなあと思います。
プロの仕事ってすごいです。

トレス元の動画を見ると
・「みんなでうたおう!」の文字とカラオケ風の歌詞字幕
・手足の生えた電池のCGと一緒に踊る子供たち
・ポケモンとコラボ

のように、かなり子供を意識したものになっています。
もしかしたら踊っている電池も、ゲームボーイで使われる単3形なんじゃないかとも思います。
子供たちの間で電池が必要なゲームが流行って、
電池の需要が急激に伸びた時代だったのかもしれません。

元動画の音声は、ポケモンうんぬんの台詞が入ってて使いづらかったので、
私の動画ではMollさんにUTAってもらいました。
裏声と普通の声の両方があるので使いやすいです。
あと、最後のサウンドロゴのところでは、
「同じ人が2回歌ったのをミックスしてコーラスにしてる」感を出すために
バージョン違いの音源を使ってます。

配布モーションには、オマケで踊る電池のモデルも付いてるんですが、
テクスチャが私のオリジナルの模様になってます。


実在する企業のロゴが入ったものを素材として配布するのはちょっとアレかなと思ったので。
配色はなんとなくオリジナルと似せてありますけどね。
剛体不使用のダンシング・バッテリーですww
やっぱり元のデザインのほうがかっこいいですね。
プロの仕事ってすごいです。(2回目)

毛利「誰が独居老人ぞ」

うpしました。


私が小学生のときに、たまに公園に紙芝居のおっちゃんが来てました。
・お金は取らずに無料でやってる
・配ってるお菓子はハイチュウとかの既製品
・紙芝居の内容が全部キリスト教
でした。今考えると、布教活動なのかなとも思いますが、
布教用の資料なんかを渡されたことはないので
単に信心深いおっちゃんが趣味でやってただけなのかもしれません。
友人が「バベルの塔のパースがおかしい」と言ってたのが一番印象に残ってます。

動画説明文にも書きましたが、「MMD紙芝居」という言葉を初めて聞いたときに
登場人物が自転車の後ろに積んだ紙芝居を上演するのかと思ったんです。
実際見てみたらそうじゃなかったので、
それなら私が思った「MMD紙芝居」をいつかやろうかなとずっと思ってました。
結構遅くなりましたねww
紙芝居搭載型自転車を作るのが面倒だったのと
「紙芝居を上演する」以外に何をやればいいか思いつかなかったのとで
ずっとほったらかしのネタでした。

あと、いっぺん本格的なドラマ動画を作ってみたかったんです。
今までも、ドラマ的な要素のある動画はちょいちょいあったんですが、
・ダンス動画のところどころにお芝居っぽい物が挟まるorステージ変更等で何となく物語風
・もともと物語風PVがついてる曲のPV再現
・ドラマだけど台詞がなくてジェスチャーだけ
・おっ!サン
と、こんな感じだったので、台詞入りで全編自作脚本のドラマをやりたかったんです。

長年の何かが積もり積もった何か、です。

この動画では、商業アニメでもよくある
「口だけ動いてて他は全く動かない」というシーンがちょいちょいあります。
MMDだと、いろんな方の動画で同じモデルが全身ぬるぬる動いてるのを目撃されてるので、
口だけ動かすと「口以外が動いてない」ことが目につきやすいと思うんです。
この「動いてない感」を薄めるために、前はよくカメラをゆっくり動かしてたのですが
今回は、固定カメラで出力したやつをスクロールさせる場面もあります。
筆頭が幸村に飴ちゃん(じゃないけど)をあげるシーンなんかが
分かりやすいんじゃないかと思います。
カメラ移動をやめてスクロールにしたことに深い意味はないんですが、
2Dアニメのカメラが移動してる表現で、スクロールしてるだけというのがよくあるので
ちょっとやってみたくなったのでやってみました。
カメラ移動でやってるシーンもあるので、完全に気まぐれですね。
うまいこと使い分ければいい感じになるのかもしれませんが、
具体的にどうすればいいかはよく分かりません。

紙芝居の内容について。
キリスト教じゃないなら、どんな感じにしようかなと考えて
無難に「むかしむかしあるところに」という定番のアレになりました。
おじいさんが自動的に毛利さんになるのはいいとして、
BASARAにBBAキャラはいないのと、おばあさん=おじいさんの奥さんだから
結局独居老人になりました。ごめんよ毛利さん。

しばかりで、柴田のカッちゃんが狩られてますが、
4は未プレイなので、新キャラについては
二次創作なんかを通じてうすぼんやりと把握してるだけです。
うすぼんやりですが、
なんとなく筆頭なら止めてくれるんじゃないかなというところからの
「やめたげてよお!」です。
本当のところはどうなんでしょうねww
とある方の実況プレイ動画を、私も初見の状態で見てみたいから封印してるのですが、
目隠し状態でどんな感じなのか想像するのも楽しいですww

雛壇は艦これのアレです。もちろん流すために作りました。
艦これついでに、雛壇太郎が出てくるところを、
艦娘がドロップした時のアレっぽくしてみました。
ニコニコモンズで配布してます
あと、アニキメカが完成した時のファンファーレも配布してます
よかったらどんぞ。

白い餅のような粘土のようなものがブニブニ動くパラパラ漫画は
私が昔教科書のはしっこに実際に描いてたやつを思い出しながら再現しました。
前のコマと少しだけ違う絵を描くために、
当時はぎゅ~っと強い力で描いて、次のページにわざと鉛筆跡をつけてました。
PCで描くときは、レイヤー機能のあるお絵かきツールで簡単にできるので
いい時代になったものです。

自転車に連動して紙芝居をめくるメカは
この動画↓を参考にしました。

ミニチュアの蒸気エンジンをガラスで作ったみたいです。
台座に模様がついてたりするあたり、凝ってます。
この動画だと、往復運動を回転運動に変換してますが、
私の動画だと逆になってます。
アニキメカは、ぶっ壊れるまでの数秒間ちゃんと動いてますが、
私が適当に作ったモデルなので実際にあれだけ動くとは思えませんww
いいんです、CGなので。

いかりは飛ばすもの



できました~ヽ(゚∀。 )ノ
この記事でなかなか作りづらいとか書きましたが作っちゃいましたね。
後ろに、トイレットペーパーのようなものが刺さってますが、
あれがなんなのか、調べてみてもよく分かりませんでした。
そもそもあの形状でいいのかどうか。ウーン。

サビの部分でいかりが飛び交っていますが、
ビームマンPの風船エフェクトに入っている風船アクセサリを、
自作のいかりアクセサリに置き換えて飛ばしています。
ちゃんとスフィアマップや透過度も反映されるので、テッカテカにしてます。
ああいう、カラフルで半透明でテカテカしたものが好きです。

青葉は新聞記者みたいなキャラなので動画にも新聞要素を入れたくて、
「岩隠子新聞」というのをでっち上げました。
記事内容はこんな↓

【重巡洋艦青葉進水】
平成二十五年十二月、重巡洋艦青葉のMMDモデルが完成した。
モデル作者のガンガゼ提督はメカを苦手とするため、
作業は難航することが予想されていたが、
意外にも建造期間は一箇月もかかっていなかった。
【ゲーム内でもレベル九十九に・二隻目の育成開始】
このモデルは、ゲーム内で青葉がレベル九十九に達したことを記念して
建造開始したとの説があるものの、真偽のほどは不明である。
現在ガンガゼ提督は、二隻目の青葉の育成に取り組んでおり、
十二月二十七日現在レベルは三十になっている。
他にも改二のある艦の育成もあるので、
レべリングは難航するとみられる。
【霧の艦艇の協力によりサブ島沖突破】
ガンガゼ提督は、霧の艦隊との決戦に勝利したのち
期間限定で配備された「イオナ」「タカオ」「はるはる」の三隻に加え、
青葉・島風・雪風の計六隻でサブ島沖に突入、一日で同海域を無事突破した。
支援艦隊の編成は千歳・千代田・初春・ネノヒダヨー・金剛・ヒエーの六隻だが、
ゲージを半分以上削るまで支援艦隊を出せる海域であることを失念していたため
実際に支援艦隊が役立ったのはたった二回だった。
霧の艦艇は非常に強力であるが資材消費が激しいためちょっと困る。




ツイッターで事前に新聞風画像だけ晒してたんですが、
脱字を見つけたので動画では直してあります。
内容は、私がゲームでやってたことをそのまま書きました。
何か面白いホラ話でもかければ楽しいんですが、そこまでの実力はないですww
最初のうちは新聞っぽい文体にしようと一応努力はしてたのですが、
後のほうになると疲れてきて素に戻ってきてますね。
新聞に「ちょっと困る」なんて書いてあったらびっくりします。
ちゃんと新聞っぽい見た目になるように文字数を調整するスキルは、
受験の時の現代文の勉強で培ったんじゃないかと思います。
当時は「1字オーバーぐらい別にええやん」とか思ってたんですが
意外なところで役に立つものです。

岩隠子というのは、「ガンガゼ」を漢字で書いたものです。
夏の杯動画で、企業が配ってるカレンダーっぽいものがちらっと出てくるのですが、
まさか実在の企業カレンダーにするわけにもいかないので
「岩隠子工務店」というのをでっち上げて、
それがきっかけで配布サイトの名前も「岩隠子工務店」に変更し、
今回の動画では、なんか勢いでキャッチコピーまでつけて新聞広告にも載せました。
新聞に広告を出すような大企業にまで成長した岩隠子工務店。すっげえ。
でも全部でっちあげですww

新聞の一番下の広告は、ゆめにっきのモノ子のパロディです。
「モノ子ッッ可愛いよおかわいいいよォモノ子ォォアアァァア アァッ!!」
という言い回しは、とてつもなく疾走感があって好きです。

次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。