FC2ブログ

チラシの裏

カップラーメンは、お湯でもどさずに食べるのが好きです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婦警さんと普通の人



この記事(生首画像注意)のハゲ生首が不気味だったので、
髪の毛と目玉と胴体を生やしました。
最初は婦警さんだけのつもりだったのが、ちょっと改変すれば普通のスーツにもなりそうだったので、
「普通の人」モデルも作りました。
このモデル、なんとなく私の高校時代の保健室の先生に似てます。
似せるつもりはなかったのですが、なんでだかこんな顔になりました。

そもそもこのモデルの頭部を作り始めたきっかけが、新しい方法を試すためだったので、
どうせなら、ということで、ちょこちょことこれまでやったことのない方法を試してます。
主に目玉の話で、見ようによったらグロい画像が出ますので折り畳みます。

これまで、目のテクスチャは、丸い黒目の形を描いた画像にしてました。
↓こんな感じの。(成実モデルの、顔テクスチャの、目に相当する部分です)
目

今回は、↓こういうテクスチャにしました。
目?

これを、メタセコの基本図形で出した球体のテクスチャに設定してちょっといじると、
↓こんな感じでちゃんと目玉っぽくなります。
目

長方形の画像をくるっと筒状に丸めて、端っこを巾着絞りにした状態です。
メルカトル図法です。

これは楽ですよ~。
丸い画像だと、頑張って黒目部分がちゃんと黒目になるように持ってこないとだめですが、
これなら一発です。
今回のモデルでは、画像のサイズを小さくするためにちょっと操作をしていますが、
画像の白い部分をもっと長くすれば、メタセコで球体を出したまま何も触らなくても
ちゃんと目玉になります。
元の画像を縞模様にしておけば、虹彩の放射状の模様も簡単に出ます。
(ちなみに、このテクスチャの縞模様は、私の机の木目の写真を撮って加工したものです)

ただ、これは、文字通りの「目玉」がはまっている場合でしか使えない手法です。
MMDモデルでよくある構造の、
黒目と白目が別パーツになっていて白目の前に円盤状の黒目が浮かんでいる状態だと
こうはいきません。
あと、よっぽどポリゴンを細かく割らないと、黒目の輪郭がカクカクになるのも難点です。
まあ、このカクカクは目玉単体だと目立ちますが、
まぶたがあるとそんなに気にならないんじゃないかと思います。

で、この目玉のままだと、なんか目が死んでたので、
スフィアマップでちょっと光を入れることに。
イラストなんかでよくある、黒目の下半分の色が薄くなってるアレを目標にしたけど、
別にそんな感じにはなりませんでした。う~ん。
比較

さて、配布動画を作っていて気づいたのですが、
MMDでは、照明を真っ暗にしてもスフィアマップ由来のテカリは消えないみたいです。
動画の、一番最初の真っ暗な場面の、普通の人の顔アップがこんな感じ↓
夜光

「照明操作」で、赤=-500/緑=-500/青=-500にした状態です。
(スライダーで操作すると明るさは0~255の間しか設定できませんが、
横の数字が入っている白い枠に直接数字を打ち込むと、違う値も設定できました)

目と髪と後ろのハートが光ってます。
背景の宇宙空間は背景画像なので、いくら泣いても叫んでも色は変わりません。
真っ暗なのにテカってちゃまずいのかもしれませんが、
暗闇の中でもまばたきが見えたので、私は何となく好きです。

それはそうと、「め」で変換したら「痲」←こんな字が出てちょっとびっくりしました。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://gngz25783506.blog.fc2.com/tb.php/17-6c0f7b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。